健康的に太る方法

健康的に太る方法とは

巷ではダイエットなど痩せる事ばかりがテレビや雑誌など、メディアで取り上げれますが、実は同じように太りたい人や体重をもう少し増やしたい人も多いですよね。

 

例えば、成長期の若者なら太るというよりも、体を大きくしたい、身長を伸ばしたい誰もが思いますよね。

 

それは結果的に、太らせる事と同じような意味を持ちます。

 

では、健康に太るにはどうすれば良いのでしょう?

 

健康的というのですから、下半身だけや逆に上半身だけ贅肉が付くという事ではありません。

 

要するに女性らしい、男性らしい体付きになるのがベストだという事です。

 

その為には、三食をしっかり食べて適度な運動、そこに十分な睡眠が必要となります。

 

これらのどれかが欠けてはいけません。

 

また、最近多いパターンで炭水化物を抜いてダイエットや筋肉だけつける人もいますが、それもダメです。

 

ボディビルダーやプロスポーツ選手を目指している訳ではないので、タンパク質同様に炭水化物もとても大事です。

 

何より、食事をしても炭水化物を抜いていると、腹持ちが悪いですよね。

 

そこで間食として、甘いものをたくさん食べれは本末転倒です。
でも、それでも体重を増やすという意味では正解かも知れませんが、健康的と言われたら少しズレていますよね。

 

次に運動の重要性を説きたいです。

 

運動はダイエットと直結するのはナンセンスです。

 

きちんと運動する事で、もちろんお腹が減って食事が美味しい面もありますが、一番はバランス良い体を手に入れられるという事です。

 

学生時代なら週に数回、体育の授業があるので知らずに体を動かしまが、大人になるとまったく運動しなくなる人がいますよね。

 

というか、日頃から運動する人としない人の真っ二つに分かれます。

 

何も無理して、激しい運動をしろというのではありません。

 

毎日の生活の中で、駅まで歩く、車で行く場所を自転車にするなど、自然と運動するように心掛けるのです。

 

すると、食事も美味しくなり、結果的に以前より体重が増えても、それは健康的に増えたという事になります。

 

まとめるなら、同じ体重が増えるにしても、運動しないよりも、運動をしながら体重を増やす事を目指すべきです。

 

それは筋肉が増えたという事に繋がるので、贅肉とはまったく別です。

 

これこそ、健康的な体重増加になります。

 

男性なら肩幅が広がり筋肉でガッチリしている。
この姿の方が絶対に相手に対して好印象でしょう。

 

女性でも同様です。ガリガリの体で体重だけ標準より少ないよりも、体重は標準よりやや多めでも、女性らしい丸みある体の方が魅力的だと言えます。

 

若い人は、過度なダイエットでまるでモデルのような体形を目指します。

 

それは一歩間違えると危険な事に繋がる可能性があります。

 

今は自分らしいスタイルの方が、絶対に良いはずです。それが結果的に、平均体重より多目でも良いではないですか。

 

自分は自分らしく、周囲や過去の常識と比べても仕方ありません。

 

健康的に太ると精神面でもゆとりや安定に繋がり、心の平穏となります。

 

それって、実はとても大事な事ですよね。

 

精神も太らせてギスギスしない。

 

それが最も人間らしく健康的な事ですね。
どうか、あなたも自分の体形に自信を持って下さい。

 

 

ドクター・フトレマックス

 

 

関連ページ

食事だけで太る方法
食事だけで太る方法ってあるのでしょうか?食事だけで太る方法を考えてみました
細い人が健康的に太る方法
細い人が健康的に太る方法とは?細い人が健康的に太る方法を考えてみました
太るにはどうしたらいいか
太るにはどうしたらいいか?太るにはどうしたらいいか考えてみました